募集終了

第一回「オリエンテーション 〜 大麻の基本」輿石和人

大麻栽培免許、研究者免許の申請について、山梨県の厚生労働省薬務課と一年以上に渡り交渉を続けている協会代表が、山梨県の対応の法的問題点と、私達にできる具体的な活動について提案します。

「第一回「オリエンテーション 〜 大麻の基本」輿石和人」のイメージ
講師
輿石和人(山梨県大麻協会 代表)
日程
2014年3月30日(日)14:00〜17:0013:00 開場
※アフター懇親会あり(要別途費用)

【この回のみ受講】をご希望の方へ
※3月20日(木)9:00より受付を開始いたします
※年間受講者で定員に達した場合、この回のみの受付はいたしません (既に受講料を振込済の方には返金いたします)
※年間受講者及び、この回のみ受講者の合計が定員に達した場合、お申し込みのない方の入場はできませんので、ご了承下さい
定員
30
会場
山梨県立図書館 交流ルーム 山梨県甲府市北口2丁目8−1
山梨県甲府市北口2丁目8−1

 

  • 薬務課に対して行なってきた、甲州大麻の歴史と大麻の有用性〜なぜ社会に大麻が必要なのか?
  • 免許申請者の要望と薬務課の姿勢
  • 甲州大麻再興へ向けた活動

 

輿石 和人(コシイシ カズト)

1964年1月生まれ。25年前より大麻の活動を始め、15年前に丸井英弘弁護士と出会う。2012年西湖でのまつりの祭りを機会に、山梨県大麻文化再興協会を設立(現在の山梨県大麻協会)し、県内の大麻産業再興のために活動を続けている。元大麻草検証委員会 幹事。
国際的な知的財産となっている平和喫煙具“maquimaska(マキマスカ)の発明者。現在、国産麻紙での手巻きタバコ用巻紙を研究中。

http://www.maquimaska.com

コメントする
メニュー