大麻協会の運営について

一般社団法人山梨県大麻協会は、山梨県内の伝統大麻について県内広範囲を聞き込みや資料にて調査し、歴史文化の再興とともに、大麻草の持つ有用性を生かした地域づくりを目指して参りました。

町興し活動から免許申請までに至りましたが、知事からは許可してもらえませんでした。

免許が下されなかったために、当協会は設立時より出荷できる作物がなく、非営利団体という形で支援者からの温かい寄付によって運営して参りましたが、昨今の大麻報道は、残念ながら活動への逆風となり、地域住民からの疑いと反発を受ける現実を作ってしまいました。

市川三郷町の住民の皆様におかれましては、多大な協力を賜っておきながら、私の力量不足により、大麻による町興し事業は実現できないままでしたが、地域の皆様に望まれる活動が再開できるようになるまで、誠に遺憾ですが活動を休止致します。

これまで応援してくださった皆様に、心より御礼申し上げます。

 

平成28年10月28日

一般社団法人山梨県大麻協会 代表理事 輿石和人

コメントする
関連する記事
メニュー