甲州大麻<山梨市>

山梨県各地に残る大麻文化をご紹介いたします

牧丘町は市町村合併により、現在は山梨市に属します。

[近世]牧平村

江戸期~明治8年の村名。山梨郡のうち。万力筋に属す。

はじめ幕府領、のち甲府藩領、享保9年幕府領、宝暦12年清水家領、寛政7年幕府領、天保元年清水家領、安政3年からは幕府領(「旧高旧領」では甲府代官所)。

村高は、「慶長古高帳」206石余(ほかに大明神領2石余)、貞享元年検地では258石余(牧丘町誌)、「宝暦村高帳」259石余、「天保郷帳」262石余、「旧高旧領」も同じで、うち神明社領2石余。

西は赤芝川をさかのぼると弓張峠を越えて高成村に至り、南は鍵懸峠を越えて切差村に至る秩父裏街道が通り、交通の要地であった。助郷は甲州街道の鶴瀬・駒飼宿へ出没した。

村の広さは、南北約30町余・東西約10町余、享保9年の戸数127・人口545(村明細帳)。「国志」によれば、枝郷に下組・膝立組・赤柴組があり、文化元年の戸数123・人口454(男222・女232)、馬42。

養蚕や麻・煙草草の栽培が盛んに行われ、これにより現金収入を得ていた。享保9年の麻布売上代金および繭売上代金は各30両余(村明細帳)、また葉煙草による収入は年間30~100両ほどあった(牧丘町誌)。

神社は神明神社、寺院は曹洞宗福寿山慈眼寺・張弓山信光慈・神明山耕雲寺・長石山西光寺がある。

明治4年山梨県に所属。同6年耕雲寺に牧平学校を開校。同7年の生徒数男96・女9、教員数男2(同前)。同8年西保村の一部となる。

かつては栄えた集落であったことが伺えます。

また、この地域では大麻取締法の制定が知らされず、戦後10年間に渡り、地域住民が大麻を栽培し生活必需品として自給していたという驚きの地域です。

山梨市で農業を営む竹川さん(銀河農園まきおか)のお祖父さまの生前の証言や、現住者から大麻栽培、加工に関する貴重な体験談を聞くことができます。

故郷に戻って大麻農家を始めた祖父

山梨市牧丘町牧平(赤芝地区)

武川誉盛さん(明治44年生まれ・故人)は、1940年から5年間、栃木県日光市の田母沢御用邸(現在は 廃止され記念公園となっている)で警備の職務にあたっていました。

やがて終戦をむかえ、生まれ故郷である牧丘町に戻ってきた武川さんは、誰に言われるでもなく大麻栽培を始めました。

もともと交通の便も悪く、ほぼ自給自足で生活していたこの地区の人々にとって、育てやすくて利用価値の高い大麻は大変重宝がられ、一人、また一人と大麻を栽培する人が増えていきました。

育てた大麻を精麻して麻ひもを作り、下駄の鼻緒や背負い籠などに使ったり、ロープを作ったり、生活の道具として、大麻は欠かせないものとなりました。

昭和23年大麻取締法が施行され、大麻の栽培は大幅に制限されてしまうのですが、情報の伝達が今のように迅速ではありませんから、施行後も大麻の栽培は何事もなかったかのように続きました。

しかし、人々に愛され大事に使われてきた大麻も、ほどなくして警察の目にとまり、法の名の下に一掃されてしまいました。

 

牧平村の南隣となります中牧村からは、戦前の出荷記録も出てきました

中牧村資料

大正7年度及び昭和2年度農作物収穫(中牧村郷土誌より)

すくなくとも大正7年から戦後10年間の約20年間は栽培していたことになります

大麻栽培、加工に関して、この地域はとても貴重な人材の宝庫といえるのではないでしょうか。

写真は、牧丘町の農家に残っていた、甲州大麻の精麻です。

牧丘精麻

 

山梨県の薬務課への申請は、この地の住民、農業委員、法人農家との懇談も済ませたうえで相談に行ったのですが・・・

経験者がお元気のうちに途絶えた文化を再興したいものです。

 

コメントする
メニュー